ウォーターサーバーで飲める水の種類を知る

体に良い水が多い、美味しい水が飲める、といったイメージをウォーターサーバーに持つ人が多く、事実安全でミネラル豊富なおいしい水が各社から提供されています。


ウォーターサーバーの水についてもっと詳しく知るには、扱っている水の種類について把握しておくと有益です。

一般的なウォーターサーバーでは、どの取り扱い業者も複数の種類の水を取り扱うことで、顧客の水のニーズについて応えています。

その水の種類は3種類に分類でき、天然水とミネラルウォーター、RO水があります。
天然水は自然豊かな地域から湧き出る水を成分に一切手を加える事無く、フィルタリングによるゴミ取りだけを行ってボトリングした水です。



栄養成分も採水時の状態が維持されており、水本来の風味を味わうには最も向いているのが天然水です。



ミネラルウォーターは原料は天然水としますが、複数の採水地から取得した水をブレンドしたり、あるいは栄養成分に手を加えている水です。


どの程度の加工が行なわれているかは、ボトル水を扱っているメーカーによって違ってくるので、栄養成分や採水地をチェックしてから購入するのがお勧めです。

RO水は、ピュアウォーターとも呼ばれ、ミネラル成分のほとんどを逆浸透膜を使って除去した水です。



ミネラル成分を不要とする離乳食や赤ちゃんのためのミルク、化粧水などにもよく用いられています。

ウォーターサーバーで飲める水はこのように3種類主にあり、それぞれ特徴が違っているので事前に把握しておくと自分や家族に合った最適な水を選ぶ上で役立ってくれるはずです。